スマホに入れておきたいニュースアプリはこれ!大手6アプリを比較してみた

こんにちは、ジャミジ(@jamijinet)です。

ニュースアプリ

ニュースアプリって何を使っていますか?

いまやニュースをチェックするのは新聞やテレビではなく、スマホが当たり前の時代になっています。とはいえ、スマホのニュースアプリっていろんな会社が出していて違いがよくわからないまま、最初にインストールしたり元々スマホに入っていたものを惰性で使っている人も多いはず。

でもせっかくの情報収集、もっと自分の興味・関心がある情報を効率よく手に入れたいですよね。そこで、ニュースアプリのなかでアプリストアのランキング上位にある6つのアプリについて、特徴をまとめてみました。

6つのアプリの特徴を解説

さっそく、アプリストアのランキング上位の常連である6つのアプリについて、そのアプリ独自の特徴をメインにご紹介していきます。今回対象としたのはいわゆる「総合ニュースアプリ」で、スポーツ系・経済系などの分野に特化したものは含んでいません。(また別の機会に…)

それぞれiPhone版のスクリーンショットもつけたのでぜひご参考に。比較しやすいよう6アプリともなるべく同じタイミングで撮っています。

ちなみにどのアプリも無料で利用できるので、ちょっとでも気になったら実際に一度使ってみて自分に合うかどうかを試してみてください。

SmartNews(スマートニュース)

ニュースキュレーションアプリの最大手、略してスマニューです。一番メジャーなので既に入れている人も多いのでは。

タブでニュースジャンルを切り替えていくアプリスタイルはこのSmartNewsが定着させたもので、デフォルトで用意されているカテゴリータブの他に、自分の好きなニュース・雑誌・ブランド等のWebメディアをチャンネルタブとして登録しておくことができます。自分の興味あるメディアをフォローすることで自分に合った情報をサクサク収集できるのがポイントで、自分好みのニュースアプリとしてカスタマイズできます。「クーポン」も使いこなせば結構オトクなのでぜひチェックしましょう。

いろんな情報に幅広く触れたい人にオススメ

ニュースアプリ smartnews
(左)トップに天気予報があるのが何気に便利
(中)クーポンは公式よりオトクなものがあったりします
(右)「チャンネル」は多岐に渡りますがランキング表示もあり選びやすい
スマートニュース

スマートニュース

SmartNews, Inc.無料posted withアプリーチ

グノシー(Gunosy)

Twitter・Facebookのアカウントを連動するとその人にあったニュースを自動的に分析・収集する「マイニュース」が特徴的です(…というか元々はこの「パーソナライズされたニュースキュレーション」が定評のあるサービスだったんですが)。ニュースアプリなのに「グノシーQ」というクイズ大会機能があり、毎晩21時30分~イベントが実施されています。ちなみにスマニュー同様に「クーポン」タブがありますが、お店単位で探そうとおもったら最下部までスクロールしなきゃいけないのがちょっと使いづらい。

エンタメ系重視でニュースを見たい人にオススメ

ニュースアプリ グノシー
(左)グノシーQ実施中の告知は少し邪魔
(中)「マイニュース」が便利
(右)クーポンは店舗ブランド選択がトップにないのが弱点
グノシー エンタメニュース、スポーツニュースはこれ一本

グノシー エンタメニュース、スポーツニュースはこれ一本

Gunosy Inc.無料posted withアプリーチ

dmenuニュース

ドコモが提供するニュースアプリですが、もちろんドコモ回線ユーザーじゃなくても利用可能です。一言でいうと、他のアプリと比較してシンプルな印象。「今朝の10件」「今夜の10件」などとして、そのときに見ておきたい10個のニュースをまとめたタブ(ダイジェスト)があるのが特徴で、余分な情報はあまり目に入れずに主要なニュースをサッと確認したい!という人にはピッタリかもしれません。もちろん、キーワードフォローなどの機能も抑えています。ちなみにdアカウントでログインすればdポイント残高が参照できるというのはドコモならでは。

主要ニュースをシンプルにチェックしたい人にオススメ

dmenuニュース
dmenu ニュース

dmenu ニュース

株式会社NTTドコモ無料posted withアプリーチ

NewsDigest(ニュースダイジェスト)

どこよりも早く速報する、がコンセプトのニュースアプリ。地震などの災害情報の他、政治などはもちろんエンタメやスポーツ系などニュース全般の速報を、他のニュースアプリよりも早く速報してくれます。数分の違いでもとにかく早く情報を手に入れたい、という方はぜひ入れておきたいアプリです。「ライフライン」という画面で、天気や避難情報・交通情報などをまとめて確認できるのも特徴です。

とにかく最速でニュースを知りたい人はぜひ。速報用のサブアプリとしてもオススメ。

ニュースアプリ 速報 newsdigest
(左)速報がある場合はすごく分かりやすく表示
(中)ニュース速報だけをまとめた「速報」
(右)「ライフライン」が見やすい
NewsDigest(ニュースダイジェスト)

NewsDigest(ニュースダイジェスト)

JX PRESS Corp.無料posted withアプリーチ

ニュースパス

こちらもグノシーが運営しているアプリです。(※グノシーはKDDIと提携しています)

グノシーとは違い、エンタメ系よりも社会的なニュースがメイン。特徴としては「キーワードフォロー」が他のアプリより良く出来ていて便利。Yahoo!ニュースでも同様にキーワードフォローの機能はありますが、Yahoo!は運営側が定めた登録ワードになっていないとフォローできないのに対し、ニュースパスの場合は関連する記事(そのワードが含まれる記事)がひとつでもヒットすればその話題をフォローできるという面で優れています。自分の興味がある話題・ニュースは逃したくないという人にはぜひオススメしたいアプリです。

興味あるニュースを逃さずに見たい人にオススメ

ニュースアプリ ニュースパス
(左)トップページに天気予報表示あり
(中)フォロータブがとても便利
(右)トレンドワードのレコメンドもあります
ニュースパス

ニュースパス

KDDI CORPORATION無料posted withアプリーチ

Yahoo!ニュース

Yahoo!トピックスと同一内容なので、速報性に優れており、見出し(タイトル)が13文字以内というルールがあるので世の中のリアルタイムな情勢をひと目で把握できます。その時のトピックをなんべんなくざっと拾うには最も適しているかと思います。ニュースに対する読者コメントが見やすいのも特徴。そのニュースに対する世間一般の印象がどうなのか、も知ることができます。また、映像タブからニュース専門チャンネルのリアルタイムなニュース動画を見られるのもポイントです。

世間の声も一緒にチェックしたい人にオススメ

ニュースアプリ Yahooニュース
(左)Yahoo!トップページのトピックスと同内容
(中)テーマのフォロー機能
(右)日テレNEWS24などを見ることが可能
Yahoo!ニュース

Yahoo!ニュース

Yahoo Japan Corp.無料posted withアプリーチ

スポンサーリンク

まとめ:まずは使ってみて!

以上、6つのニュースアプリについてそれぞれの特徴を整理してみました。

  • いろんな情報に幅広く触れたい → SmartNews
  • エンタメ系重視でニュースを見たい → グノシー
  • 興味あるニュースを逃さずに見たい → ニュースパス
  • 世間の声も一緒にチェックしたい → Yahoo!ニュース
  • 重要なニュースをシンプルに見たい → dmenuニュース
  • とにかく最速でニュースを知りたい → NewsDigest

各ニュースアプリとも意外と個性があって使い勝手もまちまちですね。今回ご紹介したアプリは全て無料なので、この記事を参考に気になったアプリはぜひ一度試しに利用してみて、自分に合ったアプリを探してみてくださいね。

<関連記事>