ドラム式洗濯機の「靴下挟まる問題」を解決するアイテムがついに出た!

スポンサーリンク

こんにちは、ジャミジ(@jamijinet)です。

ドラム式洗濯機で洗濯をすると、洗濯槽の入り口(パッキン)のところに靴下やハンカチなどの小物が挟まることが多くないですか?多いどころか、ほぼ毎回なにかしら(というか靴下が!)引っかかる。

パッキン部分に挟まっていた靴下は、脱水されてなくてグチョグチョだし、すすぎ時点で挟まっていたらすすぎすらちゃんとされてなくて洗剤残ってる可能性もあるので、手洗いなどの余計な手間になってしまいます。

解決策としては、(実は)洗濯機の説明書にも書いてあるとおり「洗濯ネットに入れる」が最もシンプルな解決ではあるんですが、毎回ちゃんとネットに入れるのも地味に面倒だし、ネットに入れ忘れてて放り込んだり、そもそも子供はちゃんと入れてくれなかったり…

結局どっちにしてもストレスの種だなぁ…と長らく思いながら過ごしていたところ、こんなアイテムが誕生!

山崎実業「ドラム式洗濯機ドアパッキン小物挟まり防止カバー プレート 6045」

パッキンと洗濯槽の隙間を埋める=靴下などが落ちないようにガードすればいいじゃん、という発想。こういう商品待っていた!

しかもメーカーは商品に定評のある山崎実業。これはもう即買い。しかも価格的にも1000円台で買いやすいです。

※山崎実業…キッチンや水回り系の収納用品などで、オシャレめかつ便利で定評のあるグッズを「tower」のブランドで出しているところ。(ガスコンロの排気口カバーなどは定番アイテムですね)

※ちなみに発売は2022年12月。発売直後は売り切れて手に入りづらかったようですが、いまは落ち着いているみたいです

パッケージはこんなかんじ。

適合機種・メーカーなどは具体的には記載されていないですが、「ドアパッキンの溝の入り口部分の奥行き(つまり隙間)が 約1.8cm以内のものに対応」とのこと。
また、ドアパッキンの溝に折り返しが無いものには使えない、みたいです。

中身は、商品本体と説明書のみ。

サイズは 横約44.5cm 縦約4.7cm (パッケージ表記)

ちなみに、耐熱のシリコン製なので、乾燥使用も問題ないとのこと。

取り付け方法は、隙間に差し込むだけ。パッケージ記載では「ドアパッキンの溝の入り口の奥行き約1.8cm以内に対応」とのことなので、一応購入前には確かめたほうがよさそうです。

うちの洗濯機は日立のものですが、特段問題なさそうだったのでさっそくセット。取り付け方が下手なのか、サイズ的に仕方ないのか、こんな感じに。。

ものは試しに…ということでこれで一度か洗濯してみましたが、、、

すごい。これはすごい。洗濯後にこの隙間に靴下が見事にない。
この瞬間、あの悩みから解放されました。

その後しばらく20回ほど使ってみましたが、感覚的な「靴下ひっかかり率」は以下のとおり。靴下がぐちょぐちょで残念な思いになることが激減、というかほぼゼロになったので感動。

  • 装着前→ 毎回1-2個ひっかかる(ひどいと4個くらい)
  • 装着後→ 基本ゼロ!(1回だけ子供の靴下1個挟まってた)

というわけで、オススメなアイテム、どころか、2023年買ってよかったものランキング1位、かもしれないレベル(まだ1月だけど…)で超オススメです。

一応、マイナスポイントを敢えて挙げておくと、毎回ちゃんと取り外したほうがよさそうというのはあります。

  • パッキンと接していると乾きにくく水気が残るので、カビの原因になるかも
  • 糸くずが付くので取り除いたほうがよい

ただ、付け外しは超かんたんでほぼ手間いらず、さっと水洗いしてフックに吊り下げておけばよい、という感じなので、メリットのほうが断然大きいと思います。

使い始めた途端に、ドラム式洗濯機の付属品にしてしまってもいいんじゃないか、と思ったりするほどの必須アイテムになりました!ドラム式洗濯機をお使いの方はぜひチェックしてみてください。