【レビュー】コールマンのフォールディングチェア、めっちゃオススメ。

フォールディングチェアを買いました!

昨年からずっと気になってたコールマン(Coleman)の「コールマン ファイアープレイスフォールディングチェア」をついに購入しました!家のベランダとか庭とかで使ったり、大きい公園行ってサンシェード張った隣で使ったりできるアウトドアな椅子が前から欲しくて、見た目のスタイリッシュさから「いつか買うぞ」と決めてたやつ。今年もだいぶ暖かくなってきたしこれから使う機会も多いだろうと、サクッとAmazonで購入してしまいました。

さっそく使ってみたら、もう、めちゃくちゃ快適。いやぁ、、こりゃいいや。デザインもスタイリッシュでカッコいいし、折りたたみ簡単だし、何より座り心地もすごくいイイ。というわけでもろもろご紹介です。

コールマン フォールディングチェア

届いた直後のファーストインプレッション

梱包は結構簡素でした

まずは梱包の状態から。(※写真を撮り忘れたので画像がない…)

僕はAmazonで購入したんですがAmazonレビューにもちょこちょこ書かれてる通り、配送の梱包はわりと簡素です。キズがどーのこーの、というレビューもちらほら。チェアは折り畳まれた状態で届くんですが、それが大きな透明のビニール袋に入っているのが商品自体の梱包(メーカーから出荷されたそのままの状態)。で、Amazonで買うとそれをそのまま段ボールの薄っぺらい箱に入れて配送してくるんですが…緩衝材などをしっかり入れてるわけでもないので商品本体が箱のなかでガンガン動くような状態。。そりゃ多少キズつくこともあるわな…

とはいえアウトドアで使うものだし使ってればキズくらいすぐに付くと思うので、個人的には全然気にならないレベルでしたよ(っていうかうちに届いたものは大したキズはなかったです…)。それでもどうしても気になっちゃう人はお店で実物見てから購入したほうが手間がないかと。

製品自体の作りは…

で、梱包の件はいいとして、製品自体の作りはどうかというと…

コールマン フォールディングチェア

んー。全体的にはなんら問題ないんだけど、細かいところを見ていくとプラスチックパーツのところに少しバリが出てたり、肘掛けの木の部分がわずかに擦れてたり…少し荒いっちゃ荒い出来。でもまぁ、価格的にはこの程度なら妥協点かなぁ、というレベル。折りたたみ機構とか座面とかはしっかりしてるので、製品全体としてみるとよく出来ていてコストパフォーマンスが高い印象でした。

使ってみた感想!

何回か使ってみて、というか、家のリビングには(気に入りすぎて)ずっと置きっぱになってるから毎日のように座ってるけど…使ってみた感想です。

設置が一瞬。

梱包を外せば使い方は超簡単!組み立ては不要です。一般的なパイプ椅子と同じように広げるだけ!何という手軽さ。他のアウトドアチェアは組み立ては不要でも広げるのはちょっと面倒なタイプのものもあるけど、このチェアは一瞬、両手でパカっと開くだけ。その分、収納時はそこまで小さくならないんだけど、薄っぺらくはなるのでそこまで収納時の大きさが気になるサイズ感ではないかな、と。使いたいときに手軽に使えるってのは重要なポイントですよね。

コールマン フォールディングチェア

肘置きが木なので肌触りがいい

腕が当たるところは金属じゃなくて木になっているので、金属の変なヒンヤリ感はないし、触り心地もいい。座ってるときって落ち着きたいときなので、こういう配慮は嬉しいですね。見た目のアクセントにもなっているのでデザイン的にも素敵。

コールマン フォールディングチェア

アルミフレームで軽い

重量は約2.1kg。フレームがアルミなので持ち上げてみると意外と軽い。軽すぎると野外で使うときに風が気になったりするけど、そんなこともなく適度な重量感があるけど軽い、という感じ。持ち運んで使うことが多いので、軽いってのは単純にとても便利。

座面の高さがちょうど良くて秀逸

座面の高さは約28cm。低すぎず高すぎず、座ってみたらわかるんだけど快適にくつろげるちょうどいい座面の高さ重心が低めなので座ってても安定感がありすごく落ち着きます。あと座面が低いので小さな子供も座れるってのもメリット。

座面幅もゆったり

幅が約47cmあるので、横幅も割とゆったり。

太ももの裏が痛くならない!

これ、一番のポイント。こういうアウトドアチェアって、概して太ももの裏のところにパイプがあったり、布が突っ張ったりしていて、長時間座ってるとその部分が太ももの裏を圧迫して痛くなりがち、、ってことが多いんですよね。だからゆっくりくつろげない。

コールマン フォールディングチェア

でもこのフォールディングチェアは、パイプが太ももに当たらないように工夫されてるんです。

座面の布は肘掛け下の縦のパイプに付けられていてそこから突っ張られているので、太もも裏部分の左右に渡るパイプには布は付いていないんです!しかもその左右に渡るパイプは真ん中部分が曲げられていて、太ももに当たりにくいように設計されています。この「太ももに当たらない」っていうおかげで、長時間足を投げ出すような形で座ってても全然足が疲れない。座り心地がすごく良いです。

…さらに言うと、この曲がっている部分はチェアを畳んだときの持ち手になる設計で、曲がっていることで手に引っかかりやすくすごく持ちやすいんですよ。なにこの神設計(笑)

コールマン フォールディングチェア

(※いちおう補足)この曲がっている部分、というかこのコンパクトフォールディングチェア自体が、「カーミットチェア」っていう有名な定番アウトドアチェアとほぼ同じ形をしているんで、コールマンがそれをパクっただけですけどね。。

イマイチなところないの?

ベタ褒めしすぎるのもアレなので、と思いいろいろ考えてみたけど、悪いところってあんまり思いつきませんね…
強いて言うなら
・クッション性はあまりない
(座面がポリエステルだし…ま、アウトドアチェアってだいたいそうだよね)
・畳んでもサイズは大きい
(前述のとおり、薄くはなるけども)
・多少作りが荒いところがある
(バリとか擦れとかね…)
…ってあたりでしょうか。どれも個人的にはそんなに悪いとも思ってないので、十分許容範囲です。クッション性とかは好みもあると思うので、じっくり検討したい方は展示のある店舗に行ってチェックしてみてくださいね。

これだけ良くて、しかもお手頃価格。

これだけ良いところばっかりの「コールマン フォールディングチェア」ですが、比較的お手頃価格なのも良いところ。まぁもっと安いアウトドアチェアっていっぱいありますが、この満足感でこの価格というのはコスパがいい!

価格ですがネットショップだと、だいたい4,000円台半ば~5,000円台半ば程度、が相場のようです。ちなみに僕はAmazonで購入しましたがAmazonの価格はわりと変動しがちなので…ちょっとでも安めに購入したい方は価格が4,000円に近い!と思ったら買うのが狙い目のタイミングになるかと思いますよ。(過去3,000円台にはほとんどなっていないようです)

似たようなデザインのコールマン2人掛け用チェアには要注意!

ちなみに、ですが、今回紹介した商品と同じようなデザインで「コールマン リラックスフォールディングベンチ」というものがあるんですが、これは個人的にはイマイチでした。

「ベンチなら子供とかと一緒に座れるしいいやん!しかも値段も大して変わらんし!」なんて思うかもしれませんが、こっちのは「太ももの裏が痛くなるやつ」です。横に長いから構造的に仕方ないんだけど、太もも裏の部分にパイプがあるので座り心地が全然違います!購入検討される方はご注意を。

↓こんなやつです。まぁこれはこれで大人2人が座れてこの価格なのでいい商品なんですけどね。座り心地も悪いわけじゃなくて、僕に合っていないだけかと。。

アウトドアはもちろん、ベランダやリビングでも。

買っちゃえば後は使うだけ!パイプ椅子と同じ要領で使える気軽さなので、負担は家のリビングで使って、アウトドアで使うときにサッと畳んで持ち出す、なんて使い方もいいかも。実際にうちではそんな感じ。ローチェアなので高さも出ないしデザイン性もいいので、リビングに置いても違和感なく使えますよ。

気になった方は、ぜひ一度お店で実物を見てみてくださいね。