Kyashの新しいカード「Kyash Card」の気になる点をまとめてみた

Kyashの新カード「Kyash Card」が申し込み開始

Kyashが発行する新しいVisaカードである「Kyash Card」の申込みがいよいよ2020年2月25日から開始となりました。

Kyash Card
新しく発行される「Kyash Card」

2019年秋に発表されて以来注目されていた新しいカードですが、早速申し込みが殺到したからなのか、開始初日はサーバーがダウンしたようでアプリが立ち上がらず申込みができなかったり、一部決済がエラーになるなどの問題も発生したようです。

そんなKyashの新しい「Kyash Card」について、気になるポイントをまとめてみました。

新カード登場で何が変わるのか

このKyash Cardの発行により、いままで発行されていたいわゆる「リアルカード」は「Kyash Card Lite」と名称が変更されました。ここではその「Kyash Card Lite」から、新しい「Kyash Card」に切り替えた際の比較をまとめてみました。

従来より良くなること

新しく発行される「Kyash Card」に切り替えることで、より利便性があがる内容は以下のとおり。

  • 決済上限額が拡大 … 1取引30万円・月間計100万円と高額決済でも使えるようになった
  • 累積の上限が撤廃 … 利用金額にかかわらず有効期限になるまで利用可能
  • ICチップを搭載 … 暗証番号(4桁PINコード)での決済が可能になった
  • Visaタッチ決済を搭載 … カードを端末にタッチするだけで決済可能になった
  • 海外実店舗で利用可能に … いままではオンライン決済に限り海外利用だった
  • デザインを選択可能に … 3色から好きなカードを選択できるようになった

従来より悪くなること

面倒なことなどマイナス面は以下のとおり。ポイント還元率は900円の手数料を払ってKyash Cardを発行しないと改悪になりますが、Kyash Cardを発行する場合は1%のまま据え置きです。

  • カード発行手数料が新設 … Kyash Cardの場合、900円の手数料が必要
  • 本人確認書類の提示が必要 … 運転免許証等の画像送付が必須
  • カード番号が変わる … Kyash Cardに乗り換えると番号が変更される
  • (ポイント還元率) … Kyash Cardだと1%還元継続だが、Liteは0.5%還元にダウン

従来のカードでも可

従来のカードのままでもアプリをアップデートすれば使える新機能もあります。こうやってセキュリティ強化されるのは嬉しいポイント。

  • 利用金額設定 … 1回あたり・月間合計の利用上限をユーザーが設定可能になった
  • カードロックボタンがアプリトップ画面に設置 … よりかんたんにロックがかけられるようになった
スポンサーリンク

気になるポイントいろいろまとめ

比較以外にもいろいろ気になることが多い「Kyash Card」。個人的に気になったことについてざっと調べてみました。

注意※なるべく正確な情報を調べていますが、確実な情報はKyash公式からの案内を参照してください。

カードの申し込み方法は?

新規の場合も既存カード(KyashCardLite)からの切り替えの場合も、Kyashのアプリ内から申し込みができます。
アプリを最新バージョンにアップデートする必要があるので、まずは最新のアプリをダウンロードしましょう。
なお以前はWebサイトからも申し込みもできましたが、Kyash Card Liteも含めてWebからの申し込みは閉じられたようです。

発行には手数料がかかる

今回発行のKyashCardは、カード発行手数料として900円が必要です。
これはKyash残高から差し引かれるため、残高が足りない場合は事前にチャージしておくかクレジットカードの自動リンクをしておきましょう。以前からのユーザーは、貯まっているポイントをこの際使うのもいいかもしれません。

カードデザインがシンプル&特徴的

新しいKyash Cardはネイビー・シルバー・ピンクの3色展開。デザインはいずれも余計な装飾のないシンプルなもの。
最近のトレンドになりつつある表面に番号等の印字がないデザインになっていて、カード名義人の表記と合わせて番号等の情報はすべて裏面に記載されています。実物が届くまでわかりませんが、若干ラメが入っているような雰囲気のあるデザインでなかなか高級感がありそう。

また裏面をみればわかりやすいですが、他の一般的なカードとの大きな違いとして、磁気ストライプが下に配置されているのが特徴的。デザイン上、ICチップの位置を右側に持ってくるためにそうしたものと思われますが(表面をよりシンプルに見せるため?)、磁気ストライプを使って決済する際はカードの向きに注意しないといけないですね。

3Dセキュアには対応する?

・3Dセキュアに対応していますか

 対応しておりません

新しいKyash-Cardに関するご質問について https://support.kyash.co/hc/ja/articles/360037981951

とFAQに記載があるため今までどおり未対応ですね。Twitterなどでのユーザーの声も多く、未対応だとネット決済で使えないところも増えてきましたので、ぜひ早めに対応してほしいところ。

QRコード決済の対応は?

上記のとおり、3Dセキュア未対応のため、各種QR決済アプリでの利用はかなり限定的になります。
ほとんどのQR決済アプリではKyashの登録自体ができず、限度額が月5,000円まで&各種キャンペーンの対象外になる「PayPay」か、先日メルペイへの統合が発表された「OrigamiPay」などでは利用が可能です…が、還元目当てでの旨味はあまりなさそう。
カードを持ち歩かなくても決済できる、という利便性はありますけどね。。

ちなみに、現在従来のリアルカード(Kyash Card Lite)を楽天Payに登録している人は、Kyash Cardに切り替えるとカード番号が変わる&3Dセキュアに対応していないため、新しいカードを楽天Payに登録することができなくなります。これは、楽天Payが以前は3Dセキュア非対応のカードでも登録できたのが、最近は3Dセキュア対応でないと登録できなくなったため。使っている人としてはちょっと悩ましいですね…

現金での出金は?

本人確認が必須となったため「お、現金出金できるのでは?」と期待しましたが、

・現金の出金はできますか

 現金出金は対応しておりません

新しいKyash-Cardに関するご質問について https://support.kyash.co/hc/ja/articles/360037981951

とのこと。現金での出金に対応するには、会社が資金移動業者としてのライセンスを取得しなければいけない、など法令的に難易度が高いのも影響していそうです。また、クレジットカードでチャージしたものを現金化させるわけにもいかないので、いろいろ残高管理を変える必要があり一筋縄ではいかなそうですね。
とはいえ、手軽に送金できることがKyashの便利なところでもあるので将来的には期待したい機能です。

海外での利用でポイントはつく?

新しいKyash Cardでは、今までは利用できなかった海外の実店舗でも利用が可能、とのこと。特にFAQに記載はないようですが従来の海外オンライン決済どおりであれば、海外利用時は円換算されたあとに1%のポイント還元がされるはず。

ちなみにネット上の情報によると、Kyashでは為替手数料が3%かかるらしく、一般的なクレジットカードよりも手数料が高いです。(他のカードの為替手数料は1%後半〜2%程度)
元のカード番号を隠して買い物したいときなどに使える利便性はありますが、ポイント還元を狙っての海外利用はおそらく逆効果になるため注意が必要です。海外旅行などで使おうと思っている方はきちんと把握した上で使ったほうが良さそうです。

スポンサーリンク

カードの受け取り方法は?

申込み手続きの最後にも表示されますが、Kyash Cardは簡易書留で発送されるとのこと。
従来は普通郵便での郵送だったため受け取りもポスト投函で済みましたが…今回は在宅していないと受け取りができない、というところは少し面倒です。

残高のチャージ方法は?

Twitterなどで「もしかしてクレジットからのチャージ閉じられるのでは?」などの予想もありましたが、これは何も言及がないので、現状どおりのチャージ方法そのままのはず。(実際にカードが届いて使い出すまでなんとも言えませんが…)
もし変わるとなるとネガティブインパクトがかなり大きいので、さすがに大丈夫だと思われます。

暗証番号の変更ってできるの?

今回から新設された暗証番号ですが、初期の暗証番号はカードの申込時にアプリで設定をします。(これから申し込み人は入力した番号を忘れないように注意!)

アプリから設定するといかにもあとで変更できそうだけど、実際は変更できません。

ちなみにこの暗証番号は一度決めると変更できません。これはカードのICチップに書き込まれるためで、他のクレジットカードでも一緒。設定する際はよく考えて設定しましょう。

タッチ決済はここが気になる!

スマホでの非接触決済は対応している?

スマホでの非接触決済は、現時点(2020年2月時点)では非対応とのこと。ですが、近日中にAndroidでのQUICPay決済には対応するようです。

Google Pay(QUICPay)決済の対応は、2020年3月末頃を予定しています。
対応開始までモバイル非接触決済をご利用いただけませんので、ご注意ください。

https://kyash.co/kyashcard/

VISAタッチ決済については、KyashCardには搭載されるもののスマホでの決済は言及されていないので、スマホはひとまず未対応のようですね。

QUICPay・VISAタッチの決済は1%ポイント還元の対象?

まずQUICPayですがこちらは以前からポイント還元の対象外とされており、Kyash Cardでも同等のようです。

Kyashポイント還元対象外となる取引
・Kyash Visaカードを登録したQUICPayによるお支払い

Kyashポイントについて https://support.kyash.co/hc/ja/articles/360033212772

VISAタッチ決済をした取引がポイント還元の対象取引となるのかどうか、については明確に言及されていませんが、公式のFAQには以下のとおり記載されています。

Kyashポイント還元対象となる取引
・リアルカード(Kyash Card /Kyash Card Lite)による決済
・バーチャルカード(Kyash Card Virtual)による決済

Kyashポイントについて https://support.kyash.co/hc/ja/articles/360033212772

一般的に店舗側での決済データの扱いとしてはVISAタッチは普通のVISAカード決済と同等の扱いですし、タッチ決済だろうと「リアルカードによる決済」であることに変わりはないので、VISAタッチ決済はおそらくポイント還元の対象になるのではないかぁと思いますが…ちょっとわかりにくいですね。

Apple Payの対応は?

ApplePay(iPhone)については以前と変わらず言及がないため、まだ予定はなさそう。残念。
Androidと同じようにQUICPayなら対応できそうな気がしますが…今回のタイミングでも対応しないようですね。なにか難しい理由があるんでしょうか…これに関しては、Apple側に主導権がありそう感じもあるのでなかなか難しいのかもしれませんが、期待の大きいところでもあるのでぜひ実現してほしいです。

スポンサーリンク

で、Kyash Cardってどうなの?

個人的に気になっていたポイントや、まだまだ今後が気になるところをまとめてみました。まだわからないこともありますが、今わかっている情報だけでもかなり期待度は高く、新しいカード体験ができるのではと感じています。

Kyash Cardであれば1%のポイント還元も引き続き継続されるということで、お得に使えてしかもアプリと連動して利便性が高いというとても使い勝手のよいVISAカードとして、メイン利用のカードとしても使えるのではと思います。もちろん個人間での送金(残高のやり取り)ができるのも便利ですしね。

みなさんもぜひKyash Cardを申し込みしてみてください!